会長挨拶

宮崎県病院薬剤師会会長  佐藤 智加子

 本年4月、当会前会長有森和彦先生が任期中に退官され、会則により会長に就任いたしました佐藤智加子でございます。

 本会の活動に当たりましては平素よりご指導、ご支援を賜り厚く御礼を申し上げます。

 近年、病院では病棟への薬剤師常駐化の環境が整いつつあり、薬剤師は積極的な処方提案、医薬品の適正使用の推進、有害反応の未然防止・早期発見・遷延化の防止など患者さんに対する安全な薬物療法提供を行っております。 また、このような病院薬剤師の活躍には、これまで以上に質の高い業務の展開が必要であり、高い倫理観に加え、常に最先端の知識と技能の修得が不可欠であります。当会では、薬剤師の資質向上のための研修の充実、専門領域の認定薬剤師、専門薬剤師取得に向けた積極的な取り組みを行ってまいります。

 さて、高齢者が住み慣れた地域で自分らしい暮らしを継続できるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援を一体的に提供する地域包括ケアシステムの構築が進んでおります。今後、患者さんのシームレスな薬学的ケアを実践し、薬物療法の質と効率を高めるためにも、病院薬剤師と地域の薬剤師をはじめとする医療スタッフの間で情報共有が重要であり、広く薬薬連携を推進してまいります。

 会員の皆様、本会をご支援くださる全ての皆様、引き続きご指導、ご支援賜りますようどうぞよろしくお願い申し上げます。

宮崎県病院薬剤師会会長
佐藤 智加子